つるみ在宅ケアネットワークのホームページへようこそ


 鶴見区医師会在宅部門では「地域連携」を大きなテーマにあげています。
 在宅では、療養者が快適な生活を送るために、様々な機関とのやり取りが必要となります。それには医療職側だけではなく、介護事業所との連携も重要になってきます。そこで鶴見区医師会では在宅部門が中心となり、鶴見区内の医療・介護の関係者が集まり、地域連携について考える機会を持つことが、安全安心した医療の手一興の基盤となり、区民の安心した生活に結びつける必要があると考え、つるみ在宅ケアネットワークを設立いたしました。





ワッくん
鶴見区のマスコット
「ワッくん」

●おしらせ

2016.03.07 平成29年2月13日「つるみ在宅ケアネットワーク第15回勉強会」が開催されました。詳しくはこちらからnew
2017.01.04 平成28年11月12日「つるみ在宅ケアネットワーク第12回公開勉強会」が開催されました。詳しくはこちらから
2016.08.18 平成28年10月5日「災害医療勉強会」を開催いたします。詳しくはこちらから
2015.11.01 つるみ在宅ケアネットワークでは利用者の個人情報保護の観点からSSL(Secure Sockets Layer)を導入しました。
2015.09.08 連携ノート(フェイスシート)を差し替えました。ダウンロードはこちらから。尚、入力フォーム付は現在準備中です。
2015.09.04 朝日新聞にさわやか相談室の記事が掲載されました。詳しくはこちらをどうぞ
2015.01.05 平成27年1月5日より、在宅医療連携拠点~さわやか相談室~を開設いたしました。詳しくはこちらをどうぞ

このサイトはSecureCoreにより認証されています。
SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。
ページのトップへ戻る